東産業

東産業

CSV

【サービス紹介】川の自然観察会を通して自然の豊かさを学ぼう~川の生きものの捕まえ方~

2020年7月30日

皆さん、こんにちは!
飼っていたハムスターの名前が「大山ちゃん」の、CSV課とらです。
.
.
.
.

|目次

.
.
.

|自然観察会について

.
7/22(水)に川の自然体験を実施しました!榊原みずすまし会様よりご依頼いただき、今年で5年目のお仕事になります。榊原みずすまし会様は三重県津市榊原町で田んぼアートを手がけている地域団体です。「榊原温泉」として歴史ある湯治場と自然豊かな農村環境を保全する活動をされています。榊原みずすまし会田んぼアートのInstagramアカウントはこちら。
.
.
.
.
.

|周りの環境

榊原小学校の生徒さんへ向けた課外授業ということで、近くを流れる谷杣川(たにそまがわ)で自然体験をしていただきました。谷杣川は榊原川の支流で、榊原川は雲出川を経て伊勢湾へ流れていきます。谷杣川の周りは山に囲まれ、ウグイスやヒヨドリのさえずりが清々しく、コオニヤンマなどのトンボがたくさん飛んでいました。谷杣川は緩やかな流れや急な流れがあり、ところどころ堰(せき)もあるので、小学生の背丈でも安全な浅い場所を活動範囲としました。今年は梅雨入りが遅く、前日まで雨が降り続いたので開催が危ぶまれましたが、当日は日差しがまぶしいくらいの晴天になりました。
.
.
.
.
.

|生きものの捕獲

.
近くの公民館で注意事項を説明したら、それぞれタモ網とバケツを手に取り、川へと入ります。新型コロナウィルスの感染防止対策として参加者全員マスクを着用しています。
川に着いたら、どうやって川の中の生きものを捕まえるかを説明します。
.
①川岸の茂みや大きな石など、生きものが隠れていそうな場所を見つけます。
②かまぼこ型をしたタモ網の平らな面を川底にピッタリつけます。この時、上流から下流へと流れていく生きものをすくえるように、流れに垂直になるようにするのがポイントです。
③足で茂みや石をガサゴソします。驚いた生きものが飛び出てくるので、網の中へ飛び込んできます。
.
タモの使い方

■タモ網の使いかた
.
.
.
足でガサゴソするようす

■足でガサゴソするようす
.
.
.
写真では叉手網(さであみ)という、タモ網よりも大きな網を使いました。タモ網ではすくいきれないような大きな生きものや、たくさんの生きものを一度に捕まえるのに便利です。
.
.
.
網の中身をのぞいてみるとトノサマガエルがいました!

■網の中身をのぞいてみるとトノサマガエルがいました!
.
.
.
トノサマガエル環境省のレッドリスト(2015)で準絶滅危惧種に指定されています。普段四日市市内や菰野町内で自然観察会をすることが多いのですが、トノサマガエルはほとんど見ることができません。やはり、榊原町は豊かな自然が保たれているな、と実感しました。
1時間ほど探索したら川から上がって、生きものを解説していきます。
.
.
.
.
.

|観察できた生きもの

.
今回観察できた生きものはこちらです。
.
カワムツ

■カワムツ
.
谷杣川では一番多く見られた生きものです。上から背中を見るとオレンジっぽい色に見えます。
.
.
.
ドジョウ

■ドジョウ
.
漢字では「泥鰌」と書きます。その名の通り、水田などの泥っぽいところにます。
.
.
.
ニシシマドジョウ

■ニシシマドジョウ
.
川の砂底に住んでいます。ドジョウとの大きな違いは、体の模様です。側面に見える青黒い点が並ぶ姿が「島」のようだということで、「シマ」ドジョウと名付けられたそうです。シマドジョウは西日本の「ニシシマドジョウ」、東日本の「ヒガシシマドジョウ」など、4種類に分かれます。
.
.
.
トノサマガエル(オタマジャクシ)

■トノサマガエル(オタマジャクシ)
.
.
.
トノサマガエル(カエル)

■トノサマガエル(カエル)
.
準絶滅危惧種 ※環境省レッドリスト(2015)
.
.
.
サワガニ

■サワガニ
.
環境省、国土交通省が実施する全国水生生物調査にて、水質階級Ⅰ「きれいな水」に指定されている指標生物です。(「指標生物」について詳しくは国土交通省HPへ)
.
.
.
ヘビトンボ(幼虫)

■ヘビトンボ(幼虫)
.
水質階級Ⅰ「きれいな水」の指標生物です。
.
.
.
ヒゲナガカワトビケラ(幼虫)

■ヒゲナガカワトビケラ(幼虫)
.
水質階級Ⅰ「きれいな水」の指標生物です。この虫が多く観察される場所は環境の安定したきれいな川です。
小石を口からはいた糸でつなぎ合わせて巣を作ります。その巣は水に流されないよう、大きな石の裏側などに固定してあります。一見すると、石ころのようにしか見えませんし、石で天敵から身を守ることが出来ます。まるで「3びきのこぶた」のレンガの家みたいですね。大きな石をどかしてみると見つけることが出来ます。
.
.
.
アオハダトンボ(ヤゴ)

■アオハダトンボ(ヤゴ)
.
.
.
コオニヤンマ(ヤゴ)

■コオニヤンマ(ヤゴ)
.
.
.
コヤマトンボ(ヤゴ)

■コヤマトンボ(ヤゴ)
.
.
.
コオニヤンマとコヤマトンボはそれぞれ形が違うと、手のひらで見比べる小学生

■同じヤゴでも、コオニヤンマとコヤマトンボはそれぞれ形が違います
.
.
.
スジエビ(メス卵持ち)

■スジエビ(メス卵持ち)
.
.
.
カワニナ

■カワニナ
.
水質階級Ⅱ「すこしきたない水」の指標生物です。ホタルの幼虫がカワニナを食べるので、この谷杣川にはホタルがいるかもしれません。
.
.
.
.
.

|まとめ

.
今回の観察会では外来種が全くいませんでした!すばらしいです!
また、カワムツやドジョウなどの魚だけではなく、サワガニやスジエビなどの甲殻類、トノサマガエルという両生類、ヤゴやヘビトンボなどの水生昆虫など、多様な生きものが生息しているとわかりました。水生昆虫がたくさんいるので、それらを食べる魚や甲殻類、両生類が集まってきます。そしてまたそれらを食べる鳥や小動物がやってきます。実際、朝に観察会の準備をしに来たらダイサギが獲物を狙っていました。こうして生物多様性が保たれています。
また、谷杣川から水路が引かれ、田んぼやため池など、流れの緩やかな環境にも充分な水が供給されます。そして、谷杣川はやがて伊勢湾に注ぎ込み、海で暮らす生きものにも豊かな栄養や生きものを運びます。
.
東産業CSV課では、川を通して見えてくる「自然のつながり」を分かりやすく伝えるお手伝いをしています。会社や学校、地域の子どもたちに自然の魅力を伝えたいな、とお考えの方はお気軽にお問い合わせください!
(お問い合わせはこちらから)
.
.
.
.
.
.
|CSV課のSNSがOPEN!
生きものや環境サービスの情報をお届けします。ブログよりもたくさん更新していきますので、どうぞご期待ください!
下記のリンクからアカウントに飛んでいただくか、QRコードを読み込んでフォローをお願いします!リンク貼り付け大歓迎です!
.
InstagramアカウントQRコード
 Instagram
.
FacebookアカウントQRコード
 Facebook
.
TwitterアカウントQRコード
 Twitter
.
You TubeアカウントQRコード
 You Tube
.
.
.
とら (=´ω`=)

.
.
.

 

 

.

CSVブログ一覧

カテゴリー

アーカイブ