東産業

東産業

CSV

川の自然観察会~秋の三滝川では何が捕れる?~

2019年11月12日

皆さん、こんにちは!
ベンチを温めていた元バスケットボールプレーヤー、CSV課とらです。
.
.
.
.

目次【川の自然観察会~秋の三滝川では何が捕れる?~】

.
.
.

大雨の為延期され、やっと開催できました

.
11月10日(日)に四日市市内の三滝川で自然観察会「三滝川探検隊2019」を行いました!四日市公害と環境未来館様とのエコパートナー事業で、2018年夏にも実施したイベントです(三滝川探検隊、やっと開催できました!参照)
当初開催予定の10月19日(土)が大雨の為延期となり、やっと開催することが出来ました!本当に良かったです。延期の為、キャンセルとなった方も多かったのですが、2組5名の方にお越しいただきました。気温18℃ながらも風が強くて日陰では肌寒かったです。
講師として「海蔵川探検隊・うみくら」ホームページはこちら)の川瀬様にお越しいただきました。
.
.
.
.
.
.
.
.
.

当日の様子~川でのタモの使い方~

.
挨拶、諸注意を当社駐車場で行ったあと、当社の横に流れる三滝川へ歩いて移動していただきました。まず、川に入る前にタモの使い方を川瀬様に説明していただきました。(自然観察会~川で生き物をガサゴソすると何が捕れる?参照)
.

■タモの使い方の説明
.
.
.
30分程度川に入って生きもの調査を行いました。岸の方の草むらや大きい石を足でガサゴソして、下流に構えたタモで捕まえます。
.
.
.

■スタッフと協力して生きものを捕まえます
.
.
.
水温が15℃で気温よりも3℃高いですが、さすがに寒くなってきます。バケツがいっぱいになってきたので、陸に上がって捕まえた生きものの説明をしました。
.
.
.

■初めて掴めたモクズガニと記念撮影
.
.
.

■観察ケースに入れてじっくり特徴を説明しました
.
.
.

■水上から見た様子とはまた違って興味深いです
.
.
.
.
.
.
.
.
.

秋の三滝川にはどんな生き物がいる?捕獲した生きもの

.
この日観察できた生きものたちです。
.
20匹以上 スジエビ
12匹   モクズガニ
3匹以上 テナガエビ
2匹   ヤマトヌマエビ
2匹   マハゼ
2匹   ヌマチチブ
1匹   ボラ
1匹   スミウキゴリ
1匹   ハグロトンボ(ヤゴ)
.
モクズガニはそろそろ産卵しに河口へ下ります。大人のこぶし大の大きなモクズガニが3~4匹捕れました。メスとオスの見分け方も教わりました。(水の中にはどんな生きものがいるの?~「調整池の魚や昆虫を探そう」2019秋~参照)
.
.
.

■ウキゴリ・マハゼ
.
.
.

■スミウキゴリのメスのお腹は繁殖期に黄色くなる
.
.
.

■テナガエビ・スジエビ・ヌマエビが1番捕れました
.
.
.

■昆虫はハグロトンボのヤゴしか見つけられませんでした
.
.
.

■よく水面に飛び出して跳ねているボラ、水の中ではこんな姿
.
.
.

■秋口に10cmほどに成長するマハゼ
.
.
.

■ヨシノボリ類の腹ビレは吸盤のようになっています
.
.
.

■観察できた生きものたちはきちんと放流しました
.
.
.

■傷つけないように、そっと放します
.
.
.
帰り道、田んぼの用水路では小さい魚影やアメリカザリガニを見かけたり、連結して飛ぶアキアカネに秋を感じました。
秋になると大きいモクズガニがたくさん見られます。河口へ下りる途中なのかも知れません。また、夏によく見られた水生昆虫がほとんど見られません。ヤゴはトンボとなって飛んでいったのでしょう。オールシーズンで自然観察会を行ったら、観察できる生きものにも違いが出て面白いでしょうね。
.
.
.
.
.
.
とら (=´ω`=)