東産業

東産業

【ストックマネジメント】~老朽化対策~

2020年10月28日

ストックマネジメントとは、機能診断、劣化予測を経て、排水処理施設の修繕・改築等を最適化するための長期的な計画です。


 

多くのお客様が高度経済成長期に工場を建て、

排水処理を設置しています。

 

設置年数が30年以上経過耐用年数を超えている

排水処理が多く存在します。

排水処理のコンプライアンスの次の課題として
老朽化対策の課題が増えてきています。

 

老朽化対策については、更新するだけではなく

延命措置、流用できる装置のみの更新という方法も可能です。

私たちは製品メーカーではありませんので、

お客様に合う自由な発想、提案ができます。

 


 ◇ 今の排水処理施設はどの程度老朽化しているのか?

 ◇ 延命措置が可能なのか?
 ◇ 更新と比較するとどちらが安価なのか?
 ◇ 設置当初と比較すると生産品目、排水量が当時と変わっており、
   現状の処理方法が最適?規模が最適なのか?


これらを検討するに当たり現状の診断が必要となります。
診断の方法は様々です。

・排水負荷量調査 ・単位装置別除去率調査 ・躯体劣化診断・配管・タンク類劣化診断 ・機器類劣化診断


老朽化を放置すると


・放流水質悪化
・排水処理機能停止による操業中断
・作業事故……etc

等のトラブルが発生します。

 


 

トラブルを発生させず排水処理を
安全、安心、安定的に運用するために
ストックマネジメントをお勧めします。

 

ストックマネジメントにご興味ある方は
お気軽にご相談ください。

 

 

上記提案についてのご質問・ご相談は
株式会社東産業/営業部までお問い合わせください。

TEL:059-332-2324

お問い合わせ種類(必須)
お問い合わせ内容(必須)
お客様種別(必須)
どちらかにチェックを入れてください
お名前(必須)
フリガナ
法人名
ご住所

※当社とご契約のあるお客様は必ずご入力ください
電話番号

※折り返しのお電話が必要な場合がございます。
※携帯電話またはご連絡可能なお電話番号をご入力ください
メールアドレス(必須)
例:user@domain.com(半角英数)
ご希望の回答方法(必須)
どちらかにチェックを入れてください
アンケート
このサイトを何で知りましたか?