東産業

東産業

【排水処理の課題】~生産性を支える設備メンテナンス~

2020年8月26日

酷暑が続いています。
熱中症等で人も大変ですが、機器類も酷暑により突然故障。。。
このような機器トラブルに関する課題はありませんか。

機器類にとって熱は大敵です。

では、突然ですが問題です。
機器の材質で表記されるSS400の「SS」はなんの略?

①スロースチール
②ソリッドスチール
③スチールストラクチャー

 



答えは





③スチールストラクチャーです。

SS400は一般構造用圧延鋼材です。

ちなみに400は
この材料で保証されなくてはならない最低の引張り強さをMPa(N/mm2)で表記したものです。



排水処理の機器類は工場の生産性を支えています。

故障が発生すると排水ができなくなり、生産を止めざるを得ない状況になります。
このような突発のトラブルを軽減させるためにも定期メンテナンスをオススメします。

機器類のメンテナンス内容、耐用時間は各メーカーが定めています。
一般的にはメンテナンスに加えて1年から3年に1回オーバーホールを行います。

機器類の事前の保全整備により

早期発見することで
最良状態での稼働を維持することにより、
設備・機械要因による不良発生を防止。

給油やボルト・ナットの増し締めなど基本メンテナンスに加え、
予防メンテナンスにより周辺部品や
付帯設備への損傷も防ぐことで、
設備の耐久性を維持。

計画的なメンテナンスにより突発的な故障による
多額の出費、
工事着手までの生産ロスによる
売上機会損失を抑止。


ができ「安定的な排水処理の運用」の実現が可能になります。

 

排水処理機器の保全方法、内容はお客様によって変わります。

状態をモニタリングし予知保全をしたい
一旦現状を把握し予防保全をしたい
中期的な保全計画を立てたい…

etc…

提案についてのチラシDL >

排水処理に関わる機器類の保全は東産業にお任せください。
お客様にとって最適な保全プランをご提案させていただきます。

 

—————————————

上記提案についてのご質問・ご相談は
株式会社東産業/営業部までお問い合わせください。

TEL:059-332-2324

お問い合わせ種類(必須)
お問い合わせ内容(必須)
お客様種別(必須)
どちらかにチェックを入れてください
お名前(必須)
フリガナ
法人名
ご住所

※当社とご契約のあるお客様は必ずご入力ください
電話番号

※折り返しのお電話が必要な場合がございます。
※携帯電話またはご連絡可能なお電話番号をご入力ください
メールアドレス(必須)
例:user@domain.com(半角英数)
ご希望の回答方法(必須)
どちらかにチェックを入れてください
アンケート
このサイトを何で知りましたか?