東産業

東産業

CSV

野鳥の調査でカワウコロニー発見!

2019年2月27日

皆さん、こんにちは!
スープがないと1日が始まらない、CSV課の とら です。
.
.
.
2019年2月現在、四日市市内の某事業所で、野鳥の調査行っています。
今回の調査は、年間を通して依頼を受けているうちの3回目の調査です。
今回は、野鳥の調査がメインです。
.
こちらの事業所には約13,000㎡もの広大な野生鳥獣類保全区域があります。
池の魚や昆虫を餌にして多くの野鳥が飛来します。
国の準絶滅危惧種(NT)、県の絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されているチュウサギを含めた
6種類のサギをはじめ、
貴重なオオタカや清浄な水域にしか生息しないカワセミなどの
サンクチュアリ(聖域)になっています。
.
.
■カワウ・コロニーが出来ています
.
.
■アオサギが集団を作っています
.
.
.
今回の調査内容は大きく2つに分けられます。
.
①カワウやサギの営巣(エイソウ)確認
※営巣とは、生き物が産卵や子育てをすることです。
.
②森に生息する野鳥の種類の調査
.
.
■カワウが営巣している様子
 メスが卵を温めています。
.
.
■鳥たちを驚かせないように静かに観察します
.
.
.
巣の周りでは大変な異臭がします。
鳥が食べ残したり、吐き出した魚や大量のフンが散乱しているためです。
工場周辺の空気が汚染されるのはもちろんですが、
周りの植生や土壌環境まで悪化してしまいます。
それによって野鳥以外の生き物も減少してしまいます。
これから野鳥の数を抑制する対策を講じる予定です。
その様子はまたご報告します!
.
.
.
.
.
.
.
.
とら (=´ω`=)