東産業

東産業

CSV

池の生きものを救え!公園の池を清掃したらこんな生きものが出ました!

2020年5月22日

目次【池の生きものを救え!公園の池を清掃したらこんな生きものが出ました!】

.
.
.
皆さん、こんにちは!
鳥を追いかけすぎてケガをした、CSV課とらです。
.
.
.
先日、三重県四日市市内の公園の清掃業務を行いました!
2018年9月に当社で同じ業務を行っている場所です。過去のブログ「公園の池をきれいにしました!」はこちら
このブログでは池の清掃業務のようすをお伝えします。
.

|清掃前の池のようす


.
こちらの池は流れ込む水路が無い「ため池」で、水深は膝下程度です。池底に藻が溜まっており、にごって底が見えないほどでした。
.
ホテイアオイ・落ち葉
■特定外来生物のホテイアオイが浮いています。誰かが入れたのでしょうか…
.
.
.
しかも清掃前には池が真っ赤になっていました。
.
.

施工前の真っ赤な池
■真っ赤に染まった池
.
.
.
私は「赤潮」という言葉が浮かびました。赤潮は富栄養化が進むことでプランクトンが大量発生して起きる現象です。ですが、赤潮は海水で起きる現象と言われています。赤潮がおこると、プランクトンが魚のえらに触れ、障害をおこすため魚が呼吸できなくなります。また、プランクトンが大量に酸素を消費するため、水中の酸素が減少して大量の魚が死んでしまうこともあります。淡水赤潮というプランクトンの異常発生かもしれません。いずれにせよこちらの池に生息していた在来種のギンブナが心配です。
.
.
.

|工事の流れ


.
この公園には来園者の方が多く訪れます。コロナ禍で皆さんリフレッシュしに来られるのでしょう…
何の作業をしているのか分かりやすくする為、簡単な看板を設置しました。
.
工事看板
■工事看板
.
看板から抜粋した工事の流れです。
.
①池の水を抜く
②水位が低くなったら生きものを捕獲?
③在来種と外来種に分け、在来種は別の場所で保全?
④堆積した汚れなどを洗浄
⑤きれいな水を張る
⑥保全した在来種を戻す
.
.
.
事前にある程度水を抜いてもらっていました。
.
放流した水
■放流した水は、にごった深緑色でした
.
.
.
ここで特殊な車を使って残りの水を抜きます。
.
池の水をホースで吸引
■オレンジ色のホースが吸引車につながり、池の水を吸っています。
.
.
.
池の水を吸い切る前に生きものをタモですくって救出します。
.
生きものを捕獲するようす
■捕獲した生きものはこちらで仕分けします。
.
.
.
在来種と外来種、魚類と両生類、昆虫に分けます。
.
.
.
.
.

|池で見つかった生きもの


.
捕獲したカダヤシ
■1番多かったのが外来種のカダヤシです。
.
.
.
カダヤシはメダカに似ていますが、特定外来種に指定されています。外来種については過去ブログ「【外来種特集】①外来種ってなに?」をご覧ください。
.
ギンブナを横から見た写真
■在来種はギンブナが29匹いました
.
.
.
2018年に実施した池清掃では約50匹見つかったので、それから少なくなってしまいました。エサが少なくなったり、鳥などに捕食されたのかもしれません。
.
在来種ハグロトンボ?1匹
■在来種のトンボ(幼体~ヤゴの状態~)が1匹いました。
.
.
.
ハグロトンボでしょうか?外来種に食べられずに残っていました。保全します。
.
在来種ベンケイガニ_脱皮
■在来種ベンケイガニの脱皮した殻がみつかりました
.
.
.
この池に棲んでいた証拠です。
.
外来種ウシガエル成体
■特定外来生物ウシガエル(成体~カエルの状態~)が1匹見つかりました。
.
.
.
ウシガエル幼体21匹
■幼体(おたまじゃくしの状態)は21匹もいました。
.
.
.
外来種ウシガエル幼体_
■横から見るとこんな顔
.
.
.
外来種ウシガエル幼体_足が生えてきた_350.jpg
■足が生えかけているものも
.
恐らく、成体がこの池で卵をふ化させたのでしょう。前回に比べると数が減ったので清掃の効果がありました。カダヤシも含めて特定外来種なので責任持って駆除させていただきました。
.
.
生きものを分類している間に水が抜けたので高圧洗浄車で池底をきれいに洗います。落ち葉や枝が腐敗して茶色い水になっていました。
.
.
.

|清掃後の池のようす


.
施工前の池
■施工前
.
.
.
施工後の池の様子
■施工後
.
.
.
池の様子が見違えました!
.
.
.
保全のようす
■保護したギンブナは池の環境が整うまで責任持って飼育しました
.
池に水がたまったら、在来種のギンブナとヤゴを放流します。
.
放流のようす
■放流のようす
.
.
.
また、今回は在来植物としてコウホネを新しく設置します。
.
コウホネ
■コウホネが安定するようにプランターで池に沈めます
.
.
.

コウホネ施工後
■コウホネの葉が水生生物の隠れ家になります
.
.
.
施工後フナ
■放流後元気に泳ぐギンブナ
.
.
.
このまま数が増えてくれると良いですね。この池のように水の流入がなく、雨水だけ入ってくる閉鎖的な環境のため池では定期的な清掃が必要です。都市公園のような来園者もいらっしゃる自然環境では生きものを楽しみにされている方も多いです。弊社では生きものに配慮した清掃を行っています。ご依頼は下記連絡先までお問合せください。
.
.
.
.
.

 

 

.

とら (=´ω`=)

CSVブログ一覧

カテゴリー

アーカイブ