東産業

東産業

CSV

職場体験に来ていただきました!

2019年2月7日

皆さん、こんにちは!
マイブームが「きのこ紅茶」の、CSV課とらだです。
.
.
.
2019年1月31日~2月1日の2日間で
職場体験を実施しました!
四日市市立大池中学校の2年生6名にお越しいただき、
当社の業務について説明したり、実際に体験していただきました。
.
.
.
.
【1日目】
午前中は「神前コミュニティ・プラント」という大きな下水処理場へ行きました。
ここでは合併処理浄化槽の点検業務について学んでいきます。
家庭や学校、企業などから排出された水が集められて処理されています。
現場担当者は週1回ここに点検に訪れます。
12箇所もの点検口の蓋を開けて各槽の水質を測定しました。
.

■透視度の測定
 100cmの高さの透視度計に処理水を入れ、上から見た時に、
 底の十字マークが見える位置まで水を減らします。
 透視度が高いほど水はきれいということです。
.
.
.


■SV測定
 処理水を「SV計」というメスシリンダーのような容器に取り、沈殿させ、
 微生物と処理水がどれぐらいの割合で分離しているか測ります。
.
.
.


■機器を使った測定
 DO(溶存酸素量)、水温、pHを専用の機器を使って測ります。
.
.
.


■水をきれいにしてくれる微生物を
 顕微鏡で観察しました。
.
.
.
.
.
.
午後からは当社の屋外トイレの浄化槽に移動し、点検作業行いました。
あいにくの雨となり、寒さに耐えながらの作業です。
ここにはトイレの水と手洗いの水が流れてきます。
午前中の浄化槽に比べてとても小さく、開ける浄化槽の蓋は3枚しかありません。
しかし、点検する項目は大きくは変わりません。
.

■透視度の測定
 今回は30cmの透視度計を使います。
.
.
.

■消毒剤の補充
.
.
.
同じ「浄化槽点検」作業でも、
規模の異なる浄化槽を見ていただくことで
比較しながら体験していただけたと思います。
.
.
.
.
.
.
【2日目】
午前中は浄化槽の清掃業務を体験しました。
当社のお客様にご協力いただき、
実際のご家庭を2件訪問して清掃作業を行っていただきました。
.
.
.


■バキュームカーのホースを適正な長さに接続して伸ばします
.
.
.

■浄化槽の汚泥を吸引し、槽内に残った汚泥を水道ホースで洗浄します。
 きれいになったら槽内に水を張ります。
.
.
.

■ホースを巻取り、収納します
.
.
.

■水道ホースの巻き方も教わりました
.
.
.
午後からは公共工事に興味のある生徒さんがいるということで、
予定を変更して工事中の現場を訪れました。
住宅地の中にある調整池を浚渫(しゅんせつ)する工事です。
排水ポンプのトラブルによって残念ながら作業は見学していただけませんでした。
.
.
.
最後に、2日間を通して「学んだこと」と「今後どうしていきたいか」を
一人ずつ発表していただきました。
「下水をきれいにする大変さを学びました。
 これからは無駄な水を流さないように努力したいと思います。」
というコメントを頂きました。
職場体験を通じて、仕事に興味を持っていただくのはもちろんですが、
水の大切さも学んでいただくことができました。
将来、ここで学んだことを忘れずに成長していってほしいと思いました。
.
.
.
.
.
とらだ (=´ω`=)