東産業

東産業

CSV

出前授業に行ってきました!

2018年7月4日

皆さん、こんにちは!
お餅にはごま油と塩派の、とらだです 
.
.
.
先週、出前授業をしてきました!
桑名市内にある、津田学園小学校様の4年生の授業にお邪魔しました。
.
授業のテーマは
水辺の生きものについて、知識や理解を深める
ということで、校庭のビオトープで生きものを観察しました。

.

■校庭のビオトープ

観察方法や危険生物について学んだ後、さっそく校庭へ移動します!
.
ここは周囲の自然環境が豊かで、校庭の一部が裏山に面しています。
山からの湧き水で小さな池が出来ており、            
それを中心にビオトープ
(野生動植物の安定した生息地)
が形成されています。
.
そこで、班ごとに虫取り網とタモを使って生きものを捕まえます。
元気いっぱいに走り回ってトンボを捕まえたり、
池の中をタモですくってみたり…

■池の生きものをすくう生徒さん

.

.

 

■捕まえたトンボを観察するようす

.
20分という短い間に、たくさんの生きものが取れました!

■トノサマガエルのオタマジャクシやヤゴがたくさん!

.
一息ついたら榊枝さんにどんな生きものか説明してもらいました。
シオカラトンボショウジョウトンボマユタテアカネなどのトンボ類が
産卵のために池に訪れています。
ギンヤンマのヤゴもみつかりました。
そして、そのトンボを狙ってカエルたちが集まります。

■側溝の水面からトノサマガエルがのぞいていました
.

きっと夜になればそのカエルを狙ってマムシも姿を現すでしょう。
.
このように、生きものたちは
食べる・食べられるの関係
ビオトープに集まってくるのです。
その関係を食物連鎖と言います。
  ←       
.
このビオトープを整備することで、
より多くの生きものが集まるようになるでしょう。
.

■最後のまとめで「食物連鎖」について説明しました

.
.
.
ギンヤンマのヤゴのストローのような口を観察した時は、生徒さんも先生方も興味津々のご様子でした!
「こんなん、初めて捕まえた!」
「かわいい!」
という嬉しい声もお聞きすることができました♪
これを気にビオトープを守っていってくれたらな、と思います(●´ω`●)
今度は秋に「河川観察会」でお邪魔する予定です。
.
.
.
とらだ (=´ω`=)