東産業

東産業

CSV

新しいメンバーが加わりました!

2018年6月18日

皆さん、こんにちは!
株式会社 東産業 CSV課に新しいメンバーが加わりました!

ここで少し自己紹介をさせていただきます 

虎田 杏[トラダ アン]と申します。以後お見知りおきを。
名前は強そうですが、CSV活動歴は浅く、まだまだヒヨッ子です。   
現在は事務業務とCSV課業務を兼任しています。
大学時代に環境サークルに所属しており、
学園祭のゴミ処理活動や子どもたちへの環境啓発を行っていました。
その経験を生かしたいと思い、入社して早6年…
やっとCSV課に所属することが出来ました!
生きものに関する知識や経験はまだ乏しいですが、
生きものを好きな気持ちや、自然環境を守りたい気持ちは負けません!
今後はこのブログを始めとするSNSの更新や、イベントの補助など、広報活動を中心に皆さんと関わっていきます。
イベントなどでお会いした際はよろしくお願いします!(✻´v`✻)

 

さて、現在、虎田が携わっている業務について少しご紹介しましょう。
今は、四日市市の「自然環境のデータベース化」を行っています。
四日市市が発行している『よっかいちの自然』という冊子があります。

『よっかいちの自然』

ここには四日市市で見られる動植物が写真と共にわかりやすく紹介されています。

近鉄四日市駅周辺で見られる生きものが紹介されています

しかし、発行は平成7年と、今から23年も前になります。
そこで、内容の更新を行うべく、この冊子に載っている生きものをデータ化しています。
また、現在見られる生きものと比較して、自然環境の変遷をわかりやすい図にしようと思っています。
完成を楽しみにしていてくださいね。

 

 

また、本日は特定外来種の「オオキンケイギク」を駆除しました。

オオキンケイギクは北米原産の多年草で、5月~7月にかけて黄色のコスモスに似た花を咲かせます。
強靱でよく生育することから、かつては工事の際の法面緑化に使用されたり、苗が販売されたりしていました。
しかし、あまりに強く、いったん定着してしまうと在来の野草の生育場所を奪い周囲の環境を一変させてしまうため、平成18年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定され、生きたままの運搬や栽培、譲渡などが原則として禁止されました。
(環境省ホームページより掲載)

三重県内の道端にもよく見られ、会社の敷地内でも数株見つかりました。
そのままにしておくと、固有種が減少してしまう恐れがあるので、適切に駆除しました。
正しい駆除方法をご紹介しますね。

 

黄色いコスモスのような花で、高さは大人の腰ぐらいあります

 

このような花をつけます。ミツバチが花粉を運んでいました。

 

駆除するには、根っこから引き抜いてください。
草刈り機やカマで刈ると種などが周囲に散らばる恐れがあります。
それでは完全に駆除できません。

 

引き抜いた根っこです。しっかりと根を張っていました。大人であればすぐに抜けます。

 

抜いた後は種を撒き散らさないよう、ビニール袋に入れて処分してください。
市町村指定の方法で処分してくださいね。
もうすぐ花が枯れてしまって見つけにくくなりますが、
見つけたらきちんと駆除しましょう。

 

 

とらだ(=´ω`=)