東産業

東産業

CSR

えだブログ

東産業CSRとNPOちょっと自然 コラボ
2017年4月3日

2017東産業新人研修20170329_095143_03620170329_192422_022

 

おはようございます!今日から新年度ですね。改めて、よろしくお願いします。

今日は、東産業CSRとNPOちょっと自然さんがコラボして行っている生物多様性
保全活動の紹介です。昨年から当社の水辺の環境保全技術、人財とNPOちょっと
自然さんの調査、研究力をコラボして、メダカ池やハッチョウ湿原の生物多様性
保全活動を行っています。
メダカ池やハッチョウ湿原は、三重県絶滅危惧種をはじめ多数の生き物が見られる
県内でも有数のホットスポットで、NPOちょっと自然さんが管理をされています。
昨年より、メダカ池では、池の水源地が土砂で埋まるなどして、池の水が枯渇する
危機に直面しました。また、ハッチョウ湿原では、ハッチョウトンボの保全のために
生息地の拡大が課題となりました。このような背景を踏まえ、当社のCSRとNPOちょっと自然
さんの間で、意見交換など行い、両者の特技やネットワークをコラボして、生物多様性
保全活動を行い、池や湿原の環境をより良くしていくことになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メダカ池

今回の活動は、この一環で、当社の内定者研修をメダカ池で行い、水源地の維持管理
を行いました。活動を通して、夏場にメダカ池の水が枯渇するリスクが減り、トンボを
含む水辺の生物が守られました。NPOちょっと自然さんから「今年も安心して、観察会が
できる」と「活動を継続させたい」と一定の評価をいただきました。

今後は、イベント出展などについても協働していきます。

2017東産業新人研修20170329_104013_04420170329_193634_027

 

2017東産業新人研修20170329_113618_05620170329_195410_033

不法投棄ゴミの回収にも協力しました。
東産業CSRでは、今後ともこのような地域の環境課題を解決する
活動を展開していきます。