東産業

東産業

CSV

特定外来生物調査 カダヤシ同行

2016年5月16日

みなさん、こんにちは!!!
今年度は、外来生物の調査や駆除技術を高めるため、環境コンサルさんや
専門家の調査に同行させていただいています。先週は、自然環境系の調査
会社さんとご縁をいただき、調査に同行させていただきました。

調査の際の様子は、写真の通りです。この日は、特定外来生物の調査という
ことで、カダヤシやウシガエルなどを探しました。
カダヤシは、メダカにそっくりな魚で、ボウフラなどの駆除のために持ち込まれた
ことがきっかけとなり、全国的に拡大しています。

卵胎生の為、交尾により体内受精し直接仔魚を産みます。
特別な産卵場所を必要としないため、コンクリートで覆われた水路でも生き残ること
ができるようですね。メダカは、水草に卵を産み付けるため水路の環境の変化
(圃場整備など)の影響を受けやすく、このこともカダヤシ増加の背景にあるようです。


■カダヤシの生息環境その①

■カダヤシの生息環境その②