東産業

東産業

CSV

みんなで生き物調査!! 四日市市北部をめぐる!! その②

2012年12月27日

こんにちは☆
昨日に引き続き、浄化槽が地域の環境を守る上で、どのように活躍しているのか
お伝えしたいと思います。


今日の舞台は、四日市市北山町です。湧水が豊富な場所で、住宅のすぐ目の前を流れる
川にホタルが生息しています。

住宅のすぐ前の川各家庭で排出された汚水は、浄化槽で浄化され、家のすぐ前の川に流れます。この水路は、先ほど触れさせていただいたようにホタルが生息しています。

この地域にお住いの皆様は、毎年ホタルが飛ぶことを楽しみにしています。地域の方へお話を伺った所、「ホタルを守るために川を汚さないように意識している」とおっしゃられていました。

ホタルの観察会は、地域の方々の交流の場ともなり、地域の活性化という面からも大切な位置づけです。いつまでもこの川を守っていきたいですね。

ホタルの川がたどり着く所?!
北山町から流れた水は、小川を通って、朝明川へ注ぎます。


朝明川の流域では、農業用に河川の水を使用しています。
河川の水は、農業を行う上でとても大切です☆

川の水は、最終的に海へ
海の環境を守ることは、当然、漁師さんや魚屋さんの生活を守ることにつながります。

浄化槽に限らず、下水道などの排水処理システムは、単に目の前の河川をきれいにする
だけではなく、川とつながる自然と人々の生活を支えているんですね。