東産業

東産業

CSV

ライフワークの紹介!公害の歴史を語り継ぐ活動②

2012年12月14日


今日からオープン!!
時代を超えて空気の尊さを伝える四日市公害資料館
皆さん、こんにちは。今日から私が代表を務める四日市公害の歴史を伝える
団体「なたね通信」が主催する四日市公害資料館がオープンしました。

初日は、平日というもありましたが25名の方が来て下さいました。
見学に来ていただいた皆様、本当にありがとうございます。

写真の真ん中にいらっしゃるのは、当時から公害の歴史を記録されてきた
沢井さんです。

向かって右側の方は、私たちと語り部活動をしている武山さんです。

資料館の様子!!

資料館は、四日市に工場ができる以前
から公害が発生した当時の様子、裁判から現在までが一通り学ぶことができるようになっています。

特に力を入れたのは、海のコーナーです。四日市公害と聞くと「喘息」のイメージが強いと思いますが
実は、最初に被害が発生したのは、海でした。

展示コーナーでは、汚染された海が再生する過程と現在の海の様子が
紹介されています。

一度汚染された海が再生するために、何十年の月日がかかりました。

そんな海を二度と汚すことがないよう、今の海の魅力を伝え、より多くの
市民が海を大切にできるよう想いをこめて展示物を作りました☆

皆さん、是非ご参加ください!!