東産業

東産業

CSV

地域の排水処理システム その3

2012年11月30日

おはようございます。昨日ご紹介させていただきました山田町から下流へ4㎞。
ここは、四日市市貝家町です。貝家町は、ハウス栽培や稲作が盛んな地域です。

足見川は、農業で使用する水を供給する大切な存在です。

水生生物調査実施!!
川の状態は、環境省が定める水生生物調査の結果に当てはめると「少し汚い」と判定されました。

調査の基準に照らしわせると「少し汚い」程度の河川ではホタルなど生息できるとされています。

川へ実際に入って調べてみると水のきれいな所に暮らす生き物たちに出会うことができました。
河川の状態は、底部が砂で覆われている所と石がごろごろしている所が混在しています。
そのため、岩場を好む魚の姿も確認できました。 

※上流部で、見かけなかったオイカワも、川底に石があるため生息していました。
オイカワは、石にはえた苔を食べる魚です。


ちなみに、小西地区浄化センターすぐ横の河川は、底部が砂で覆われていいたためカワムツばかりでした。

貝家町は、内部川と足見川が合流する地点まで2~3㎞の場所です。
内部川からウナギやナマズが登ってくることもあるそうで、いたるところにウナギ用の仕掛けが沈めてあります。

大量にウナギなどを捕獲することはできないにしても、足見川と人が「食」を通してもつながっていることが良くわります。

明日は、いよいよ内部川に合流します。
お楽しみに☆つづく!