東産業

東産業

CSV

三滝川で生き物調査を行いました!! 川で学んだこと☆

2012年11月19日


調査の途中で気が付いたこと!!
昨日、調査中に三滝川に流れ込む支流がとても汚れていることに気が付きました。

見た目も濁っています。ブログでは、お伝えしきれませんがこの川はいい匂いがします。

いい匂い?!
いい匂いの正体は、洗剤や柔軟剤に含まれる人口的な化学物資のです。昨日調査を行っていた午前10時から11時頃は、
丁度各家庭の洗濯ラッシュと同じタイミングです。

川島町付近では、下水道や浄化槽が整備されているものの地域によって、トイレの排水のみをきれいにする単独浄化槽が設置されている所があり、生活排水が川へ直接流れている場所があるようです。


水が濁っているため、川の状態もうまく把握できませんし、今の状態では、安心してお子様たちが水に入ったり、触れ合うことはできないと思います。


【写真:水面には、洗剤が原因と思われる川が目立つ】

単独浄化槽とは?!
単独浄化槽は、合併浄化槽と大きく違う所は、 先にも触れさせていただきましたように、トイレ排水しか処理ができない点です。

川や海の汚染が進んだことを受け、水をきれいにする基準も年々高められ、現在は、処理能力の限界から、新設されることが法律で禁止されています。代わりに普及が進んでいるのが合併浄化槽です。合併浄化槽は、下水処理場と同等の能力があり、下水道管が敷設されていない地域で活躍しています。


イラストみていただくと単独浄化槽と合併浄化槽の違いをご理解いただけるのではないでしょうか。

次回は、浄化槽と地域の自然との関係をブログにてご説明させていただきます。