東産業

東産業

CSV

三滝川で生き物調査を行いました!!

2012年11月18日


三滝川で生き物調査

今日は、海蔵川で生き物調査を予定していましたが昨日の雨の影響で水量が多かったため急きょ場所を三滝川へ変更しました。

三滝川と東産業
御在所岳の麓から四日市港へ注ぐ河川です。
川底に石がごろごろしている所が特徴的で、夏ころにはアユなどもとれる川です。

今年夏に開催された当社最大のイベント「環境フェア」では、三滝川の上流から
下流までに生息する生き物を展示しました。

当社が管理する排水処理施設の放流水が上流から下流までの区間で流れ込んでいます
ので、当社と関係の深い河川といえます☆


調査の結果

雨の後にも関わらずたくさんの生き物たちをつかまえることができました!

写真には、カワムツ、タモロコ、アブラハヤが写っています。この地域を代表する魚
です。
他に姿を確認できた生き物は、ヨシノボリ、スジエビ、モクズガニ、コオニヤンマです。

今日の調査ポイントは、四日市市川島町付近。湯の山街道からみると川は透明でとても
きれいです。実際に、川へ入ってみると透き通っていますが以前と比べると川底の砂が目立ちます。

護岸工事で、流出した土砂が川全体に広がっています。砂ばかりになると岩場を好む生き物が

暮らすことができなくなり、岩簿のコケなどを食べる魚にも影響してしまいます。

豊かな川をよみがえらせるためには、水質を改善するだけではなく、河川の環境全体の
ことを考えることも大切だということを改めて学びました。

今回の調査で見つかった魚たち_________________
【タモロコ】


【カワムツ】

【シマドジョウ】