東産業

東産業

CSV

会社の前を流れる小川の役割?! その1

2012年11月15日

【写真:会社前の小川】

会社の前を流れる小川にたくさんの生き物が生息しています。

野田地区を流れる小川
当社が立地する野田地区は、多くの水田がある場所です。
地区のすぐ横を流れる三滝川から農業用の水をひいています。

生き物にとって大切な道☆
田植えの時期になると一定の水量が流れ多くの生き物を確認できます。冬期は、水量が少なくなるものの干上がる
ことがないので、年間を通じて生物を観察できます。

夏場の夜は、三滝川から上ってきたドジョウなどが田んぼに入って産卵するシーンも見られるそうです。

【写真:オイカワのメス】

このように地域の小川は、生き物が川から産卵のために遡上する大切な道になっています。

今年、桜町付近の小川で、産卵のために遡上してきたおおきなナマズを発見しました☆

観察していると矢合川からオイカワやフナが群れで登ってきていました。
水路の底面が砂地であると水草が生えたり、水生の昆虫が生息できるようになるのでよりたくさんの生き物を見ることができるの
ですが最近の水路は、3面がコンクリートで覆われてしまい生き物が暮らしにくい環境になってきています。

つづく!!