東産業

東産業

CSV

海蔵川で生き物調査行いました!!

2012年11月11日


海蔵川で生き物調査実施★
今日は、あいにくのお天気でしたが海蔵川の中流付近で生き物調査を行いました!!
1時間ほどで、オイカワやイトモロコ、タモロコ、極楽ハゼ、スナヤツメ、ウナギ、モクズガニ、カマツカ、シマドジョウ、ドジョウがとれました!!


調査ポイントの紹介

坂部から下海老町へ向けて、365号線を北へ進むと道路沿いに、調査ポイントが見えます。
川へ降りる場所も何か所あり、道路から脇へ入ることができる道も多数あるので、気軽に立ち入ることができます。

海蔵川は、農業用水として利用されているため、水を引きこむために水を引き留める堰が全部で15か所あります。どの場所でも写真のような風景を見ることができます。
堰の前後の部分に、魚が潜むことができるようなポイントができていることが多いので
まとめて、たくさんの種類の魚をとってみたい方には堰周辺で調査されることをお勧めします。

珍しい魚 ギギ

海蔵川で初めて見つかった魚?!

一緒に調査を行った海蔵川探検隊 うみくらの川瀬さんいわく、ギギが海蔵川で確認できたのは初めてとのこと。
私も、生き物調査を行っていて、ギギを捕まえたのは初めてです。絶滅危惧種に指定されている貴重な魚です。大切にしたいと思います。

◆特徴:
全長30cm。日本産のギギの仲間では最大になる。体色は黒褐色で、幼魚は黄褐色の模様が入る。他のギギの仲間に比べて吻が尖り、尾鰭の切れ込みも深い。

◆生息環境:
底生で、河川の中流域の石の下などに生息する。

◆食性:
雑食性で、大型の個体は小魚などを食べる。夜間に積極的に摂餌する。

◆その他:
胸鰭の棘で音をだすことができ、その音が「ギギ」と聞こえる。地方ではギュギュなどと呼ばれることもある。

上記説明文:WEB魚図鑑を参照