東産業

東産業

CSV

なたね通信連続講座 9回目が行われました!!

2012年11月5日

なたね通信連続講座
東産業の社会貢献活動を担当させていただいおります榊枝が学生時代から取り組む
四日市公害の経験を次世代へ活かす取り組みのご紹介です。

なたね通信連続講座 9回目の詳細情報
日時:2012年11月3日(土)
場所:四日市市本町プラザ
時間:13:00~15:00
参加者:25名
内容:地域と企業の共生 防災を事例に考えよう!!

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

連続講座9回目の内容を紹介!!
今年は、四日市公害訴訟判決から40周年という節目の年です。
これに合わせて、3月から全10回の連続の講座を開催しています。内容は、四日市公
害の歴史に留まらず、環境が改善された空や海の様子を紹介するなど多義にわたります。


【写真:連続講座の様子】

今回の講座では、地域と工場が共存する上で、重要なポイントとなる地震などの災害が発生した場合に、「どのような対応をとるべきなのか」、「どのようなリスクが想定されるのか」具体的に学びたいという想いから、コンビナートでプラントの設計に携わっていらっしゃった山本さんをお招きし、防災関連の法制度や事業所が県に提出する防災計画の内容、さらに事業所が自主的に取り組む活動について、御解説いただきました。

次回、12月15日(土)は、連続講座の最終回です。今年、40周年を振り返る
企画展示やミニ公害資料館の開館など内容は、盛りだくさんです。

詳細は、追ってご連絡させていただきます。