東産業

東産業

CSR

えだブログ

「池干し」&観察会の報告
2015年9月14日

三重県民の森池干し20150912_111738_01720150914_102132_00920150914_104534_018
皆さん、こんにちは!!CSR活動の報告です。
9月12日(土)に県民の森で行われた外来種問題の意識啓発と
駆除を目的に行われた「池干し」&観察会に講師として参加しました。

参加いただきました皆様、暑い中お疲れ様でした!!
ありがとうございました。

県民の森のトンボ池は、その名の通りトンボの観察の為に作られた
池です。近年、ザリガニやウシガエルの侵入によりトンボの生息数が
減少してきたため、今回一部駆除を行うことなりました。
外来種は、人間が外国から自分たちの都合で連れてきた結果増えて
しまったかわいそうな生き物たちです。

三重県民の森池干し20150912_120715_02420150914_103126_019
現在は、特定外来生物は移動や飼育、移動など禁止され個人は
最大300万円の罰金が科せられます!!
例)特定外来生物:オオクチバス、ブルーギル、ウシガエル、カダヤシなど

ミシシッピアカミミガメ、アメリカザリガニは、要注意外来生物のため特に
法律で定められている決まりはありませんが貴重な生き物が暮らす環境
を壊してしまう可能性があるので、飼いきれなくなっても放流しないで
下さい。後に、生きものを大切にしている人も外来種も不幸になります。

三重県民の森池干し20150912_121902_02820150914_102745_021